ハイドロキノンの副作用とは?

シミ消し

ハイドロキノンの副作用とは、どのようなものかというと、濃度が高い場合に起こり得ます。
濃度が高いほど美白効果が高いのがハイドロキノンの特徴ですが、濃度が高すぎると肌がかぶれたり、赤味を帯びたり、ピリピリしたりします。いわゆるアレルギーの症状が発生し、肌の一部分が白くなりすぎる白班になることもあります。

ハイドロキノンを使用する時は、パッチテストが必須です。パッチテストの際、赤くなったら使うのをやめることです。
また、パッチテスト時に問題がなくても、数日使用して赤くなった場合は、しばらく使用を中断しましょう。

3日ほど経過したら再度試してみて、それでも赤くなる場合は、利用を中止すべきです。
ハイドロキノンの副作用は、日焼け止めを使用することで防ぐことができます。ハイドロキノンが配合された化粧品を使うと、メラニンの産生を抑えてくれるのですが、メラニンは紫外線が肌細胞にあたえるダメージから守ってくれる防御機能でもあるので、日焼け止めの使用が必須になります。

日にあたる時は必ず日焼け止めを利用するのが正しい美白ケアになります。ハイドロキノンと日焼止めをセットで使用するのが、副作用を防ぐポイントになります。

もっと詳しいシミを消す方法こちら

≫≫ TOPページへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ