美白化粧品は美容液かクリームタイプを使う

基本的に化粧品というものは、「形」より「成分」が重要です。美白成分のどれかが入っていなければ、美白化粧品と呼ぶことはできまっせん。まずは美白成分がきちんと入っているものかどうかを確かめましょう。

通常は、化粧水よりは美容液やクリームに多めに配合されているものです。美白パックは高価なものが多く、有効成分もそれなりに入っていることが多いのですが、そのようなものをたまに使うよりは美容液などで毎日続けられるものを選ぶほうがよいでしょう。

スポットタイプも、「効きそう」なイメージがあるようですが、美白化粧品というものは、そもそもできてしまったシミを消すというよりは、これからできるシミを予防するためにあるので、部分使用よりは顔全体に毎日使えるもののほうがよいでしょう。

また、ファンデーションや化粧下地などで美白効果をうたうものもありますが、それらはそもそも美白目的につくられているものではなく、「ついでに美白効果もねらっている」というふうになります。

美白成分の安定性や浸透性などを考えますと「ついでに美白」にはちょっと無理があるかもしれません。やはり、美白本来の目的を追求したものというと、美容液化クリームに行きつくことが多いと考えてください。選ぶときは、試供品などを使って、使用感がよいもの、肌にとって邪魔にならないような感触のものを選びましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ